人気の太陽光発電

数十年前までは太陽光の発電パネルと言えば日本企業の独壇場でした。それが今では正解的な需要が高まり日本の製品だけでは補えきれず、世界中の企業が販売を行っています。現在では日本産の発電パネルのシェアは落ち、殆どが海外企業製となっています。それでも、日本では太陽光発電 投資への熱が冷めきっておらず、国内でも需要があります。発電効率が上がり、コストも下がっているので新築の一戸建てを作る際に設置する人も増えているようです。地球温暖化ガスを排出せず、事故になっても安全な再生可能エネルギーはこれらも人気の投資として資金が集まってくることが予想されています。